兼子八重子「製作中」

子供の頃より、バレエ、ジャズダンス、演劇、声楽、ピアノなど数多くの芸事を学び、 18歳よりステージダンスの振り付け師として活躍。 22歳の時フラメンコに出会い、スペインに渡り、セビージャにてラ・トナーに師事。 1999年に帰国するまで、スペインにて、スペイン人グループとともにイベントに出演。 帰国後、大阪・池田市「フラメンコスタジオMIGUELON(ミゲロン)」を夫ミゲロンとともに主宰する。 現在、教授活動とともに、数多くのイベントに出演。また、劇場公演の振付・出演、CMなどの振り付けも行っている。

フラメンコスタジオ・ミゲロン

​スペイン南部生まれの民謡ですが現在は世界中にファンがいるフラメンコ。 このスタジオでは踊り、ギター、歌を習ってみたい方が普段の生活の中で無理なく通ってくることができ、自然に楽しめることを大切にしています。もしよかったら体験にきませんか?